ストレスと腰痛について

腰痛でお困りの方は若者から中高年、老若男女問わず多く来院されております。

 

腰は人体の中心に位置し「」(にくつき)に「」(かなめ)と書いて「」と読みますね。

 

腰が悪くなると「つき」が逃げ、「を支えている」も逃げるとも言われております(^-^;

非常に「重要」な部分です。         

 

また、私たちは二本足で立って生活する動作においても、腰が中心になるので、痛めやすい部位でもあります。

 

人間の背骨は生理的湾曲(ゆるやかなS字状のカーブ)をし、直立二足歩行する体を支え、地面からの衝撃や上からの圧力を分散し、吸収、無害化しております。

 

しかし、人類の生活様式は中腰や、前屈みで色々な動作をする事がほとんどです。

 

中腰になった時、「腰は立っている時の3~4倍の圧力」がかかっています。

このような姿勢や動作を繰り返す事や、加齢や運動不足による筋肉の衰えなどが、腰痛の大きな原因と考えられております。

img_lumbago_experiment

 

また、近年では病院で検査しても「腰痛の80%以上は原因不明」とされております。

その原因不明とされる腰痛は「ストレス」が深くかかわっている事が近年知られてきました。

 

ここでいう「ストレス」とは・・・

環境的ストレス(重力、気候、細菌やウイルスなど)

化学物質的ストレス(酒、タバコ、薬、排ガスなど)

精神的ストレス(人間関係やコンプレックス、食事、騒音など)。

本人が自覚しないストレスは沢山あります。

 

ストレスを抱えると喫煙したくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ここで少し喫煙習慣と腰痛についてお話ししていきます。

喫煙習慣と腰痛について、ニコチンは血管を収縮させる作用と一酸化炭素の影響により、体が酸欠状態になる事が知られています。

また、βーカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミンが不足する事も知られています。

 

その影響により、椎間板が変性する恐れがあり、喫煙10本増えるごとに「腰痛のリスクが10%上がる」というデータもあるようです。

 

 

 

「椎間板とは」・・・

椎間板とは、背骨の骨と骨の間にある軟骨の事で、主にクッションの役割をしています。

その主な成分は、水分を含むコラーゲンを多く含んでおります。

 

そして、なんと椎間板には血管がないのです!

 

では、どうやって栄養を供給しているかというと・・・

 

歩いたり、体を動かしたりと、普段通りの生活をしているだけで、椎間板の圧力が変化する事により、自然と栄養供給できているのです。

(椎間板の周囲の毛細血管から染み出た栄養分を、スポンジを握って潰した状態から、開いた時に、スポンジが水を吸い込むように吸収しています)

 

そしてコラーゲンは、体内でビタミンCと蛋白質から合成されるようになっています。

 

「喫煙が椎間板に与える影響として」・・・

・血管を収縮させる作用により、椎間板周囲の毛細血管が収縮し、栄養が行き渡りにくくなる。

・ヘモグロビンに一酸化炭素が結合し、酸素が運搬さにくくなり、酸欠状態になりやすい。

・ビタミンC不足により、椎間板の主な成分であるコラーゲンが作られにくくなる。

 

 

 

 

その結果として、椎間板が変性する事により、背骨の歪みや背骨の動きが悪くなり、背骨と背骨を繋いでいる靭帯や、脊柱周囲の筋肉が硬くなったりして腰痛の原因になりうるのです。

 

「身体のストレスについて」・・・身体はストレスがかかると、心拍数を高め、体温や血圧、血糖値を上昇させ対抗しようとします。

 

心労や過労、睡眠不足など、長期にわたりストレスが続くと、「免疫力が低下」します。

 

免疫力は脳と密接な関係があり、ストレスが続くと免疫力が下がり、細菌やウイルスなどと十分に戦える事ができず「感染症」にかかりやすくもなります。

 

また、身体にストレスがかかると「タンパク質を大量に消耗する」といわれております。

免疫の働きはタンパク質の不足で低下する事も知られ、タンパク質の構成成分である「必須アミノ酸を摂取」する事もオススメです。