交通事故後の治療について

交通事故後のむち打ちでお悩みの方

bnr_traffic_main

交通事故後、こんなことでお悩みではないですか?

  • 整形外科では痛み止めと湿布だけしか処方されなかったが、首がずっと痛い
  • 現時点で満足いく治療が受けられていない
  • 首の痛みだけでなく、腰も痛くなってきた
  • 吐き気や頭痛もする
  • シビレがなかなかとれない

交通事故後のむち打ちにおいて、後遺症を残さないようにするには、初期対応と正しい治療の継続が不可欠です。

<事故にあったらすぐ行なうこと>

① 警察へ電話
どんな事故であっても、警察へ電話しましょう。※加害者情報・保険会社情報・目撃者の連絡先なども確保しましょう。
② すこやか整骨院へ電話
※今後どうしたらいいか指示を仰いで下さい。
③ 保険会社へ電話
保険会社に連絡しましょう。

交通事故後の診療を受ける際の流れ

img_traffic_flow_1

① 病院へ行く

まずは病院へ行って、診断を受けて下さい。
目立った外傷がなくとも骨折があったり脳に影響が出ている可能性もございます。
病院の診断書も頂いて下さい。
もし事故が物損になっていたら、警察にいって「人身事故」に切り替えてもらうようにして下さい。

img_traffic_flow_2

② 保険会社へ電話

相手方の保険会社に電話して、すこやか整骨院で施術を受けたい旨をお知らせ下さい。
また自身の保険内容も確認しましょう(搭乗者保険など保障の対象になるものもあります)。

img_traffic_flow_3

③ すこやか整骨院に連絡

すこやか整骨院に受診される際はお電話またはお問い合わせよりご連絡下さい。

④ 問診及び検査

事故の状況のお話を伺い、各種機能検査、自律神経検査にてお身体の状態をみます。

⑤ 施術プラン

治って復帰するまでの施術プランを立てます。

img_traffic_flow_6

⑥ 施術

症状改善、回復のための施術を行なっていきます。

img_traffic_flow_7

⑦ 症状改善されたら、治療完了です。

個人差がありますが、1〜3ヶ月での完治を目指します。

交通事故後の施術について

微弱電流治療

ピンポイントでの痛みの軽減と損傷した組織の回復に努めます。

超音波療法

筋線維が硬く痕にならないように筋肉をゆるめます。

img_traffic_cooling

冷却療法

炎症部位があったら、その部分を冷やし、早期回復に努めます。

img_traffic_wave

干渉波療法

肩回りの全体的な筋緊張緩和を目的とします。

マッサージ

筋肉を直接ゆるめ、痛みを軽減させます。

img_traffic_correction

矯正

頚椎のゆがみをとりのぞきます。

img_traffic_taping

テーピング・固定など

動かしたときに痛む場合は、患部の保護のために固定をします。

ご存知ですか?首は引っ張らない方がいい!

むち打ちというとよく首の牽引(首を引っ張る機器)を行なう先生がいらっしゃいます。
しかし実はむち打ちの際には首は引っ張らない方がいいのです。

むち打ちは、ぶつかった瞬間頭が揺れて、首の筋肉が引っ張られて起きるものです。
よって組織は損傷しています。
また頭が揺れることで、自律神経も誤作動を起こし、過敏に反応しています。

そのようなときに首を引っ張ったらどうなるでしょうか?
私の院には整形外科で首を引っ張られたら具合が悪くなった、痛みが増してしまった、という方がご来院します。
初期にこういうことが行なわれると治りが悪くなるのです。

首という繊細のだからこそ、注意が必要なのです。